MENU

白髪とハゲの関係

白髪 原因白髪を抜くと白髪が増えるといいます。しかしこれは何の根拠もないことで、白髪が増えることもありません。白髪はメラノサイトというい色素細胞からメラニンという色素が生成されていて、この色素が髪の色を黒くしています。また、髪の色はもともと色々で、これがメラニン色素で着色されています。

 

ですから、白髪を抜くことは髪が増えることとは関係なく、かえって髪が生えなくなる恐れがあります。白髪を抜くことは、通常の髪の毛を抜くことと同じことです。もし白髪があっても抜かずに、気になるようでしたら根本から切るようにしましょう。髪を抜くことは、その毛根に致命的なダメージを与えることになりますので、抜くことは止めましょう。

 

また、髪を抜くと頭皮にもダメージを与えますので、頭皮のトラブルは薄毛にもなる可能性がありますから、色が白いだけの髪の毛で、元気な髪の毛ですから抜かないようにしましよう。

 

白髪の方はハゲないということを聞いたことはありませんか。若白髪になっている方を、若くから白髪になる方はハゲないと言った事はありませんか。
これも何の根拠もないことです。若白髪の方が薄毛にならないと言うことはありません。

 

若白髪の方は、色素細胞のメラノサイトの働きが弱っている状態です。メラノサイトからメラニン色素が正常に生成されれば、問題なく黒い髪になります。しかしこれが何らかの要因で、メラニン色素が生成されていないことです。

 

また、薄毛についてはこれの発症原因は、男性ホルモンによる影響が最も考えられます。また、食生活にも影響していて、栄養バランスや不規則な食生活が原因と考えられています。

 

これらのことを考えると、白髪と薄毛の関係は、その原因も違いますので関係はないと考えられます。
いずれも間違った情報です。