MENU

白髪と関係するメラノサイト

白髪 原因白髪は年齢とともに増えてきます。これは不変のことで顔にしわが増えることと同じです。この白髪を悩みと考えているか方は大勢いらっしゃいますが、白髪の原因になる老化を止めることはできません。

 

白髪について考えるとき、白髪は年齢とともに増えるものですから、年相応のものとして胃にすることはないと考えます。もし、これいの方が真っ黒な髪をフサフサさせていたら、これもおかしなもので違和感があります。白髪はこれに対しての捉え方を変えれば、特に気にはならず、まして悩みにもならないでしょう。

 

高齢になると白髪が増える原因は、髪の色を黒くしているメラノサイトという色素細胞の働きが衰えてくるからです。このメラノサイトの衰えることにも原因があり、それはコラーゲンの不足にあります。コラーゲンは身体の中で生成されますが、加齢とともにその量は減り老化を進行させます。コラーゲンは美容のCMや化粧品などでよくみかけます。

 

肌の老化にもコラーゲンが関係していて、これが不足するとお肌にも老化が始まります。このことを考えると、白髪と肌のしわは、コラーゲンをキーワードにつながっています。どちらも根本的な原因は自然に訪れる老化と、それを遅らせようとするコラーゲンの働きが重要になります。

 

白髪は老化だけで起こるものではなく、日常の食生活やストレス、遺伝、病気によるものとさまざまな要因があります。老化による白髪はなかなか改善はできず、白髪染めのように対処療法で髪を染めて隠すことが行われます。しかし、食生活やストレスなどの原因であれば、改善することが可能です。

 

また、髪の色をつかさどる、メラノサイトという色素細胞を活性化することも方法です。メラノサイトは髪の色を付けるメラニン色素を生成する細胞です。この働きを改善することも、白髪の改善につながります。

 

生活習慣から起こる白髪は、その生活を改善することで、白髪を減らすことが可能です。