MENU

毛母細胞と色素細胞

髪の毛は頭皮にある毛母細胞というところで作られています。これには日常の食事がちゃんと取れていて、毛母細胞に栄養が行き渡っているかによって、髪の質が変わります。

 

髪の色が黒いのは、頭皮にあるメラノサイトという色素細胞で、メラニンという色素が生成され、これが髪の毛を着色して黒い髪になっています。髪の色は元は白くメラニン色素によって黒くなります。

 

メラノサイトの働きが弱くなると、白髪が増えてきます。このメラノサイトは年齢とともにその働きが弱くなります。もしこの働きを活発にさせる方法がわかれば、白髪の予防が可能になります。

 

現在はまだ色素細胞のメラノサイトを働かせるには、身体を健康に保つことが最も効果的な方補になっています。

ストレスは毛髪に影響を及ぼす

髪の毛髪に影響を及ぼすものではストレスがあります。ストレスは頭皮だけでなく、身体のさまざまなところに影響します。ストレスが原因でよく言われることは、胃の機能が低下することです。

 

ストレスが溜まることでこの影響のでやすい場所です。この影響が出やすい場所には頭皮も含まれます。職場環境や仕事のストレスが慢性的に続くことの、強い精神的なストレスは毛髪の成長にも影響し、円形脱毛症を引き起こすこともあります。この状態は白髪を増やすときと同様です。

 

ストレスの原因は、これを抱えやすい現代社会ですが、如何にストレスをため込まずに発散するかが、解決のヒントになります。ストレスのない社会であれば、人はもっと健康になっていたでしょうが、現実は違います。

 

ストレスをため込まないことが思想です。しかし、ストレスを解消する方法は自分にしかわからないので、自分で解消法を見つけてため込まないようにしましょう。また、生活習慣が不規則であれば、これがストレスの原因にもなりますので、規則正しい生活も心掛けましょう。